雨の2日後の釣行

0
    今日は9時からの釣行。
    金曜日の雨の濁りも取れたころと見計らってまたまたC川。
    やはり、笹濁りに水量は若干大目。今日釣らなくていつ釣るんだと言う位のコンディション。

    最初は堰堤の上。ここは堰堤のプール内でも結構流れがある。
    その中のボサ際に絶妙な深さと流れの部分があり、以前から、「あそこには40前後が着くはずだ」と考えていたところ。
    見事に当たって・・・ちょっと小さめだけど、36cm。



    ちょっと上流。近年ご無沙汰した区間に入ってみる。
    橋と橋の中間辺りに見事な「ヒラキ」ができていた。

    こいつは・・・と期待していると、来たのが40台半ば。
    しかし、増水の流心から出てきたこいつはすばらしいファイトを見せた。計測してみると46cm。



    大きなポイントなので、さらに探る。
    次にきたのはさほど大きくは無いが、ドラグを鳴らす力は持っていた。
    間の悪いことに、ボサにもぐりこんでしまう。それでも、リーダーを切るだけの力は無かったらしく、ボサに絡まったままキャッチ。
    32cm。



    同じ場所で30cm位のをキャッチした後、何箇所か探るが音沙汰なし。
    午後2時までの約束だったので、計4匹でおしまい。
    期待が大きかっただけに大満足とは行かないが、ま、こんなもんでしょ。

    最近の釣り

    0
      最近、更新が無かったがつりにはちょっとずつ行ってました。
      9日には9時くらいからI川へ。今まで探ったことの無い下流から釣ってみる。20cm半ばの虹鱒がパラパラ。
      ちょっと上流に移動して、最近尺上イワナが良く出るポイントへ。
      34cm位のイワナの後、ちょっと釣りあがったところで出たのが自己最高記録更新の39cm。



      浅い小さなボサのかぶったぶっつけ。
      流し込んでリトリーブしたところに飛び付いた。



      これまで、あざ笑うかのようにチェイスして引き返したり、目の前を横切ったりしていた奴らにリベンジしなくてはと思っていたのだが、とりあえず、イワナの記録更新という目標は達成できた。

      その後、探ったことの無い中流域へ。
      大きな流れの変化は無いが、ちょっとした瀬からぽつぽつと20cm前後のヤマメ。


      まあ、こんなもんだろうと思っていたら、大きく蛇行して深みが連続する、この川では珍しい好ポイント。ただし、ふみ跡も多い。
      ダイビング・ビートルを一発で流れに乗せて軽くリトリーブして水になじませる。、一番深いところでしゃくってやると、ドスンというアタリ。相手は50オーバーのレインボー。倒木のある小さなポイントで、根に入られてラインブレイク。

      くー、ほんとにこの川は油断がならない。
      大きくて40台のイワナだと思っていると、たまーに、トロフィーサイズのレインボーが混ざるんだから・・・。
      この川は3Lbタックルでと決めているんだが、考え直さんといかんかな。でも、根に入られたら4Lbだろうが、6Lbだろうが切られちゃうからおんなじなんだよね。

      ともあれ、イワナでリベンジ果たしたと思ったら、またリベンジの相手が現れてしまった。

      10日は9時から午前中だけ。
      近場のC川へ。今まで探ったことの無い下流域に挑戦。
      橋の下の深みを探って出てきたのが、この川でははじめてのヤマメ。


      ちょうど30cm。私にとってはじめての尺ヤマメとなりました。

      下流へ移動し、護岸の脇にへばりついていたのが35cm前後のレインボー。

      さらに下って、面白いポイントをいくつか発見するが、キャッチならず。

      腹いっぱい釣ったでえ〜

      0
        例によって9時ころから釣り始める。

        場所はC川。

        今日は夕方から用事があり、3時まで。
        まず、入渓地点で33cm位の奴をゲット。

        釣りあがったところで獲ったのが41cm。
        2日連続で40アップはうれしい。

        42cm

        その後もコンスタントに釣れ続け、かれこれ20匹以上は釣った。

        中には40cmジャストとか、30cm台後半もパラパラと混ざるという豪華さだ。

        40cm

        38cm

        36cm

        私の中では爆釣と言ってもいい位だ。
        後はもうちょっとサイズが出てくれれば・・・これは贅沢か。

        最後の写真は20cm強のメタボ・レインボー。

        めたぼ

        27日の釣行

        0
          今日は午前中用事があり、午後には自宅残業。
          その合間に2時間だけ、ツインパC2000Sで釣行。
          糸はVARIVAS GAME 3Lbを150m巻いた。
          色つきのラインにしたかったが、150m巻きの3Lbがこれしかなかった。
          しかし、使ってみると、蛍光色の白で、暗い背景なら結構観やすい。
          結果オーライだった。

          川は久々のF川。
          もちろん、小物主体の癒し系河川だ。
          1匹目は20cm弱のチビ虹。バッタルアーのスローリトリーブに食いついた。

          チビ虹

          観てると10cm位のチビ虹がチェイスしてくる。
          そのうちの1匹かかった。

          別ポイントへ移動し、入渓場所からいったん下ってから釣り上がろうとしていたところ、釣り上がって来た餌釣りおじさんと出会う。

          いやあ、チビばっかりでと言っていたその場所で・・・・深さはせいぜい30cm。

          このリールのドラグを初めて鳴らしたのは38cmのイワナ。
          木の葉の隙間から投げ込んだダイビングビートルをトゥイッチしながらターンさせているところに食いついた。

          ポイント

          同サイズのニジマスに比べれば、パワーはないが、最近ファイトミスでブレークが続いたので今度こそと慎重に。
          木の枝の下は岩盤が複雑に入り組んでいるので、ロッドを寝かせすぎるとラインを岩でこする心配があり、引っ張り上げようとすると木の枝に引っかかるという状況を何とかいなして浅瀬に引き上げた。

          38cmイワナ

          この時期、この規模の場所でこのサイズはちょっとうれしい。
          というか、イワナの自己記録更新だ。


          26日はI川で

          0
            26日は自宅残業があるのだが、午前中だけI川へ。
            規模からして大物が潜みそうなところはあまりない。
            この川は3Lbタックルでの釣行。

            ぼちぼちとイワナ君が遊んでくれる。
            最大が28cm。
            26日のイワナ28cm

            この後、両岸をボサに囲まれた深みを発見。
            道路から丸見えなのであまり期待せずにキャスト。
            流れ込みの上流に投げて、すぐに大きなアタリ。
            派手なジャンプで見せた姿は50近いニジマス。
            これは落ち着いてファイトをしなくてはと思った瞬間、リーダーがボサに絡まってルアーの結び目からあっけなくブレーク。

            くー、まだまだ、ファイトのウデを磨かなくては。

            13日も半日

            0
              仕事が立て込んでいるんだけど、昨日の結果が納得行かなくて、「半日だけ」と自分に言い聞かせてC川へ。
              金曜日の雨で増水し、下流はゴミが多いだろうと、ぐっと上流へ向かう。

              堰堤のインレットで、アップに投げてゲットしたのが39cm。

              39cm

              この後、上流に回りこんでダウンで流したら33cmを追加。帰りがてら探りを入れて20未満のチビが2匹。

              先日バッタのルアーで41cmを獲ったポイントへ。
              前回は渇水のハイプレッシャーだったので、恐る恐るの釣り上がりだったが、今回は高活性が期待できるので、ダウンに向けてがんがん攻めるべく、釣り下がり。
              プールへの落ち込みの上から送り込んでスローリトリーブ。
              すぐにかかったのが43cm。
              割と速い流れの流心から出てきた。
              川幅も狭く、障害物も多かったのでちょっとどきどきしたけど無事ゲット。

              43cmA
              43cmB

              やっぱり今日は活性が高いぞ・・・・と思ったところで時間切れ。
              すごすごと職場に向かいました。


              7月5日・6日の釣行

              0
                5日は前日に雨が降ったので、魚の活性が上がるのではと期待して出撃。
                まずは大物狙いのD川。
                しかし、これがてんでだめ。アタリもなければチェイスもない。
                水温17度はちょっと高すぎ?
                でも、昨年は夏の盛りでも50オーバーが何本も出たポイントなんだが・・・
                午後からC川。
                下流はゴミがひどくて釣りにならず。
                思い切って上流に移動して25cmをキャッチ。何とかボウズだけは免れた。
                その後20位のをキャッチ。まだまだ満足するわけには行かない。
                中流に移動。
                大物の気配の深みを狙う。過去にここから引き出したことはないのだが、今日は何とかしたいものだ。
                elfのリップがでかいシンキングミノーを送り込みながら、しっかり沈めてやる。そして、狙いのスポットに到達したのを見計らって静かにジャーキング。キター。
                そこそこのファイトを見せてくれた40強のレインボー。うまいこといなして、後はネットに収めるだけ・・・・と思ったところでフックアウト。
                クーーっ、悔しいー。
                先週に引き続き、40未満で終わるのか・・・・・と、しおしおの気分で早めに納竿。
                写真撮るほどの魚がないので川原の花でも。
                花


                7月6日。今日こそリベンジ・・・とD川。
                今日は中流からつり始め。

                まずは33cmともう一匹、20cmくらい。
                ボウズは回避して、一番の大物ポイントへ。しかし、ここも今年は1本も出ていない。
                結構粘る。アップにしたり、アップクロスにしたりスピナーを試したり・・・と散々攻めてだめで。最後の挑戦は送り込んでの逆引き。
                ルアーはソリッドテイルDEEPのピンク山女。
                ポイントの3mほど上流、流芯のちょっと向こうに落とし、自然に流し込む。
                魚がいるポイントの辺りからゆっくり逆引き。

                ゴンと重いあたり。合わせると、どんどん引き込まれる。少し濁った川野中からなかなか姿を見せない。パワーはあってもきびきびした動きはおそらく40台と見当をつけながら、キャッチ方法を探る。
                下流の浅瀬に引きずり上げることにして、立ち位置を移動しながら敵を誘導する。
                やっとこさ獲りましたよ。46cm。
                46cm
                珍しいサイズではないものの、最近、無沙汰したような。
                とりあえず、一安心。


                午後は最近お気に入りのI川。
                大物とはてんで縁のなさそうな川だが、水がきれいだし、純朴なイワナが癒し効果満点。
                たまにヤマメが出ればハッピー気分も倍増だ。
                ヤマメ
                ってなわけで、ヤマメ2匹とイワナ多数。虹も1匹。いずれも20cm前後。

                Okayama no I 氏御一行様との釣行

                0
                  今日は、このブログにちょくちょく顔を出してくれていたOkayama no I 氏とそのお友達との釣行。
                  私自身の目標としては、ゲストのお二方に何とか40UPをキャッチしていただきたいと思っていたのですが・・・

                  まずは、大物が欲しい時にまず行くD川のポイント。
                  思ったような釣果が得られず、ちょっとポイントを変える。堰堤周りで私に40台のヒット。しかし、へたくそなノットのせいでルアーの結び目からブレーク。はずかしー。
                  D川最後のポイントでも、I氏がチビニジをゲットするのみ。

                  もう一つの大物期待の川、C川に移動。
                  いつもは40前後が相手をしてくれるポイントで・・・・すいません、私が釣ってしまいました。しかも40に満たない37cm。

                  はくど

                  最高記録69cmが出たポイントも、何事も無くスルー。

                  後は、両氏お得意の渓流っぽい川をということで、A川上流部。
                  40オーバーの期待は薄くなるが、後は数で満足してもらおうと。
                  さすがに手馴れたもので、シビアなキャストもびしっと決めながらぽんぽんと虹鱒を出していく。中には30台も結構混ざっている。
                  途中、釣り下った人と出会う。そこから先はその人が釣った後を釣ることになるが、虹鱒が出てくる勢いはとどまらない。

                  一区間釣り終わった後、さっき人が入っていて断念した区間に入る。当然、先行者の後追い。それでも、相当な数を出し、最後に I氏が出した魚。30cm台半ば。
                  なかなかいい顔つきをしている。

                  I氏

                  いや、おかげさまで、楽しい1日となりました。
                  大物が出なくて申し訳ありませんでしたが、まあ、飽きない程度には釣っていただけたかと思います。
                  ぜひ、また、おいでくださいませ。

                  午前中の釣行

                  0
                    午後から用事があり、午前中だけの釣り。
                    最近探索中のG川の下流。
                    昨日の雨の影響で水は多いが、濁りは少ない。

                    表層から探りながら釣るが、魚を引き出したのは結局、いつものダイビング・ビートル。

                    42cm

                    中くらいのプールの流れ込み近くからできるだけ長く流芯を流れるように心がけながらトィッチング。チェイスしてきたところを軽くあおってやるとフッキング。

                    point


                    この後、別のプールで逆引きしてやると、大きめのウグイが3匹連続ヒット。
                    ugui

                    水中写真

                    0
                      今日は水中写真を撮ってみようということで張り切って出かけた。
                      A川。雨交じりで、濁り気味。
                      そんな中からでて来たのが44cm。
                      近くに、増水のときにできたくぼみが水溜りになっていたので、そこに放して顔の写真を撮ってみた。
                      1
                      2
                      しかし、ちょっとの濁りでも、写真はすごく不鮮明。

                      もっときれいなところでと、グッと上流まで上がる。
                      ほぼクリアなところで出てきたのが40cmジャスト。
                      しかし、適当な水溜りもなく、ファイト中に水中でカメラを向けてシャッターを押してみたが、ぜんぜん撮れていなかった。
                      仕方がないので、普通に記念撮影。

                      3

                      別のところで小さなオショロコマやら25cmくらいのニジをゲットするが、これも水中撮影は失敗。

                      やっと、そこそこ撮れたのが、最後のオショロコマ20センチ強ってとこか。
                      4
                      5


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      ブログロゴ

                      4lbロゴ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM