ダイビング・ビートルのシングルフック化

0
    人それぞれに、出番の多いルアーというのはあると思うのだが、私の場合はなんと言ってもダイビング・ビートル。
    適度な抵抗があり、きちんと泳いでいるときには、独特の振動が竿に伝わってくる。普段、刈り草などが流れる川を攻めていると、ごみが引っかかったのがすぐにわかるのが良い。
    ダウンに投げて逆引きのときにも、そう簡単には飛び出さない。
    まったく、オールマイティというか、どんな場面で使ってもそこそこ釣れる。

    しかし、ひとつ困ったことがある。
    大物がかかったときのバラシが異常に多いのだ。
    思い出してみても、40cm以上を獲ったときには、他のルアーを使っていることがほとんどだ。
    40cm未満の魚は、大半がダイビング・ビートルで獲っているのにもかかわらず。

    小さくて弱いフックが、大物のパワーに負けてしまうのではないかと想像している。(自分の腕は棚に上げてだ)

    そこで考えたのが、もっと丈夫なフックに付け替えること。
    しかし、大きなトレブルフックに換えたら、重くなってバランスが崩れるだろう。
    そこで、重さが同じくらいのシングルフックに換えることにした。重さはそのままに、大きく丈夫になるだろう。

    で、今日、仕事が早めに終わったのをいいことに、かえる道すがら、早速試し釣り。
    投げてリトリーブした感じは、オリジナルと変わらず。
    20cm前後が何匹か遊んでくれた。魚の反応も問題なしだ。
    最後に釣れたのが34cm。
    それなりにギュンギュンファイトしてくれたが、このサイズではまったく危なげなし。

    39cm

    さて、ダイビング・ビートルのシングルフックバージョンで40cmオーバーを獲るのはいつの日か・・・・

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    ブログロゴ

    4lbロゴ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM