内張りとグリップの取り付け

0
    一般にはグリップの内側にぐるっと一周するフレーム材(いわゆる内張り)はフレームの外形が出来上がってから最後にはるようだが、私は最初に卵型のフレームの型にぐるりと内張りを張ってからそれにグリップを付けました。

    内張りの継ぎ目について、カーブの緩やかな部分に持っていくことが多いようですが、今回は大型で強度的にシビアであることから、グリップ部分に持ってきました。ここなら強度的にウィークポイントにならずに済みそうです。

    フレーム材の片方を斜めにカットし、そこに重なるように接着剤を付けて輪ゴムで強力に抑えつけます。



    内張りの継ぎ目を成型し、グリップ材をその外周の形に合わせて成型したものをエポキシで張ります。






    グリップは、内張りに接する面は極力ぴったりくっつくようにしますが、外側はちょっと余裕を残しておきます。



    グリップを内張りに接着した後、その外側がきれいなカーブを描くように削り、フレームを重ねる準備にします。







    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    ブログロゴ

    4lbロゴ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM